ユーザーの満足度

コンビニやスーパーまでもがECサイトを手掛ける時代となり、今やECサイトは企業にとって切り離せないものとなっています。ただ、時代の流れに乗り闇雲にECサイトを立ち上げている例も少なくはありません。ECサイトの役割を理解しないまま、運営しているケースが多々見られるのです。では、ECサイトの本来の役割とは一体どんなものなのでしょう。

まずはECサイトのメリットですが、やはりその販路が全国に及ぶと言うことです。次に実店舗のような在庫を抱えることもないため、小資本で運営できるという点。そして、自動で稼働しているため、24時間365日いつでも取引きが可能ということです。

こういったメリットを最大限に生かすために、企業はECサイトにどんな役割を持たせればいいのでしょう。一言で言うとすれば、ユーザーの満足度を上げるということです。ユーザーは企業に対し、様々な欲求を解消してくれることを望んでいます。そういった欲求に応えることで、ユーザーは企業に対し感謝と信頼を抱くようになるのです。このユーザの満足度が、その企業のブランド価値を高めることになり、売上へと繋がっていくのです。つまり、ECサイトは、モノやサービスを売ることが役割でなく、企業の価値を上げていくことが本来の役割なのです。

企業とECサイト

インターネットが広く普及し、販売そのものの手法も大きく様変わりしてきました。実店舗で売る時代は既に昔のものとなり、今やネット上には様々な商品が紹介されていて、自宅にいながら欲しいものが手に入る時代となったのです。こうした流れの中で、各企業はこぞってECサイトを立ち上げています。では、このECサイトの基本的な知識について述べましょう。

ECサイトはEコマースのサービスを提供するサイトのことで、つまりはネットを介してモノやサービスを販売するということなのです。このECサイトには大きく分けて2つのタイプがあります。1つは、モール型と呼ばれるもので、これは大手の通販サイトに出店するタイプです。このモール型は、すべてモール側が提供するシステムを利用し、代金の受け渡しもモール側が行ってくれます。

そして2つ目ですが、こちらは自社サイト型と言う自社で作るサイトのことです。1から自社で作り上げていくものもありますし、自社ECサイトの構築や運用を支援するサービスやツールを使って立ち上げるものもあります。モール型と比べると、自由度が高くオリジナリティが出せることがメリットでしょう。現在、ECサイトは企業にとって、とても重要な位置を占めるようになりました。では、次にECサイトの本来の目的や役割について紹介します。

LINK・・・MODD / ECサイト構築業者

ECサイトの運営

消費者がモノやサービスを買う時に、実店舗に行く回数が徐々に減ってきています。インターネットが普及し、パソコンなどの端末でいつでも買い物ができるECサイトに人気が集まっているからです。いちいち店にまで足を運ぶ必要もなく、玄関まで商品を届けてくれるわけですから、消費者としてはECサイトを利用するのも必然と言えるでしょう。ただ、そのECサイトの中にはECサイトとしての役割を果たしていないものも多く見られます。このサイトは、そうしたECサイトの役割について説明します。

ECサイトには、大手の通販サイトに出店するモール型と、自社で作成する自社サイト型があります。モール型はシステムや決済サービスが整っていて、すぐに開業できるのが特徴です。一方の自社サイト型は、モール型に比べ自社のオリジナリティを出しやすく、自由度が高いことが特徴と言えます。

このECサイトですが、大手のスーパーまでもが参入してくるほど、企業にとっては重要な位置を占めるものとなりました。ただ、その役割についてしっかりと理解できていないサイトも少なくはありません。ECサイトの最大の役割は、ユーザーの満足度を上げることです。ユーザーはECサイトを通じて、企業に様々な要求をしてきます。それに応えることがユーザーの満足度を高めることに直結し、それが結局、企業のイメージと信頼度に繋がっていくのです。ECサイトの役割とはモノやサービスを売ることで、企業のブランド価値を高めることなのです。