ECサイトの運営

消費者がモノやサービスを買う時に、実店舗に行く回数が徐々に減ってきています。インターネットが普及し、パソコンなどの端末でいつでも買い物ができるECサイトに人気が集まっているからです。いちいち店にまで足を運ぶ必要もなく、玄関まで商品を届けてくれるわけですから、消費者としてはECサイトを利用するのも必然と言えるでしょう。ただ、そのECサイトの中にはECサイトとしての役割を果たしていないものも多く見られます。このサイトは、そうしたECサイトの役割について説明します。

ECサイトには、大手の通販サイトに出店するモール型と、自社で作成する自社サイト型があります。モール型はシステムや決済サービスが整っていて、すぐに開業できるのが特徴です。一方の自社サイト型は、モール型に比べ自社のオリジナリティを出しやすく、自由度が高いことが特徴と言えます。

このECサイトですが、大手のスーパーまでもが参入してくるほど、企業にとっては重要な位置を占めるものとなりました。ただ、その役割についてしっかりと理解できていないサイトも少なくはありません。ECサイトの最大の役割は、ユーザーの満足度を上げることです。ユーザーはECサイトを通じて、企業に様々な要求をしてきます。それに応えることがユーザーの満足度を高めることに直結し、それが結局、企業のイメージと信頼度に繋がっていくのです。ECサイトの役割とはモノやサービスを売ることで、企業のブランド価値を高めることなのです。